その場で会議を行なえるシステム│TV会議のメリットについて

男の人

電話で会議をする

電話とウーマン

電話会議とは名前の通り電話を使用して会議を行なうことです。普通の電話だと一対一の会話しかできませんが、この電話会議を利用することで3箇所以上の場所の電話回線を接続することができます。それによって、多くの電話で同時に相手を話せるので遠くの人とのやり取りが可能になりました。会議のための出張費用の削減に繋がるので、経費を抑えることができるというメリットがあります。

この電話会議サービスを利用するには、このサービスを提供している会社と契約をします。契約をした後は提供会社が電話回線を繋ぐためのアクセスポイントに電話をかけて、そのサービスを利用するためのパスワードを入力するのです。パスワードを入力することで、サービスを利用することができ遠くの支社にいる社員との会話が可能になります。この会議を利用するためには、電話会社と契約した後に会議を行なうための装置を購入しないといけません。この装置がないと自分達の声を相手に伝えることができないのです。装置には様々な種類があって、会議に参加する人数によって最適な装置が異なります。多くの人が参加する会議なのに、少ない人数用の装置を使用しては相手側に音声が届かないという問題があるのです。ですから、会議に参加する人数を把握してその人数に最適な装置を導入することによって、電話会議を上手く活用することができるでしょう。装置の種類は提供会社によって異なりますから、契約する前にどのような装置があるのかチェックするようにしてください。